■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新

"そもそも賃貸物件というのは、何度も引っ越しを繰り返しているような飽きっぽい人にピッタリの物件となります。
分譲物件を購入し、自分の財産にするのも一つの理想と言えますが、慌てて購入する前に賃貸を利用するのが大変便利です。更新料の手続きを不動産屋に代行してもらうと、その代行料として家賃の半月分を、大家さんが支払うのが一般的となっています。
つまり、不動産屋と大家さんにとっての更新料は、定期的な収入の一つということになるのです。

 

賃貸契約は2年間というのが基本となっています。
契約が満了する2年後に再度契約を更新する場合には、一般的に家賃の一ヶ月分を支払う必要があります。

 

更新料というのは、法律に明記されているわけではありません。
また更新料を支払った場合、不動産屋の収益になるのではなく、物件の大家さんや管理会社に支払われます。"





フコイダン
フコイダン
URL:http://lmf-assoc.jp/


■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新ブログ:19年09月18日

「減量を始めるぞ!!」って思ったときに、
多くの人が取り入れる減量法と言えば、
ジョギング。

減量って、決意したときにすぐに始めないと、
また気が変わってしまう可能性があります。

ですから、
すぐに実行に移すことができるジョギングには
安定した人気があるわけですね。

ところで、みなさまは、
ジョギングを始めるとき、
「アキレス腱伸ばし」をしてますか?

アキレス腱伸ばしというくらいですから、
アキレス腱自体を伸ばすストレッチだと、
思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ところがアキレス腱伸ばしは、
アキレス腱へのストレッチではないんですよね。

あれは実は、ふくらっぱぎへのストレッチなのです。

ジョギングをするときって、
ふくらっぱぎの筋肉は伸縮を繰り返します。

そのため、ふくらっぱぎの筋肉を
ストレッチでほぐしておくことは非常に重要なんです。

ジョギングをしばらく続けていると、
ふくらっぱぎが突っ張ったような感覚を
持ったことはありませんか?

あれはふくらっぱぎがオーバーワークを起こして、
筋肉が硬くなっている証拠なのです。

するとふくらっぱぎの筋肉とつながっている
アキレス腱も引っ張られる形となります。

しばらくその状態が続くと、
アキレス腱が切れてしまうのです。

これでは、しばらくの間、
トレーニングすることは厳禁となります。

減量のために、
ジョギングをすることはいいことなんですが
オーバーワークはかえって、
減量の期間を延ばすことにつながります。

ふくらっぱぎに違和感を感じたら、
ジョギングをしばらく控えることも必要なんです。

今日はおしまい!!!