■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック

"あなたがこれから住もうとしているエリアにもきっと賃貸物件が存在しているハズです。
つまりそれだけ数多くの物件から選ぶことが出来るのが賃貸であり、分譲よりも選択肢が多くなっているのです。最近では方位磁石すら置いていない不動産屋も残念ながら存在しています。
一度登録されてしまった情報はあまり修正しませんので方角は自分自身で確かめるようにしましょう。

 

不動産屋が提示してくれる方角表示をそのまま信じるのは危険と言えます。
地図上の確認で適当に方角を記載したり、また方角測定が間違っている可能性も考えられるからです。

 

方角表示は新人の営業マンが担当する事が多くなっており、現地で方角を確認するのを忘れてしまうことがあります。
店舗に戻ってきてから方角を記載してしまっていることもありますので、注意が必要です。"



■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェックブログ:20年04月03日

早く痩せたいからといって、
極端な食べる事制限をして減量する人がいます。
確かに、食べなければ痩せることは簡単です。

しかし、
食べないことを続けていくことができますか?
極端な食べる事制限による減量には、
大きな落とし穴が待っているだけですよ!

あたしたちの体には
素晴らしい本能があります。

体の中が飢餓状態になると、
代謝を落として入ってきた栄養の多くを
なるべく備蓄に回すように働きます。

このような動きをしだすと、
あたしたちの本能はこの作業をやめません。
以前と同じ量の食べる事を食べても、蓄積される量が多くなり、
太りやすくなっていきます。

減量前より
確実に太りやすい体ができてしまいます。

食べない減量を続ければ、
最終的には
減量前より太るということなのです。

減量中でも
体が欲しがっている食べ物は、食べることが必要です。
本当に食べたいと思うものは、
我慢しないで食べた方が精神的にもよいということです。

しかし、
目が食べたがっている物や習慣的に食べている物は、
食べないような習慣を作っていくことが大切です。

日々の食生活を急に変えることはできませんが、
意識して少しずつ変化させていけば
意外と簡単にできるようになりますよ。

それと、絶対に食べないということもよくありません。

友達などと外食するときは、
食べ過ぎ、飲み過ぎになってしまいます。
それはそれでいいと思います。

意識的に一日を通して摂取カロリーを考えていれば、
外食したときに多くなっても調整できます。

減量中でも、
自分が食べたいなと思ったら、我慢しないで、
少しずつ、より美味しく食べるようにしましょう。