■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も

"もし賃貸を現在進行形で探しているのでしたら、貴方の探し方が間違っていないかを今一度考えてみてください。
一つの不動産屋だけの情報を頼りにしないで、インターネットでの情報収集も怠らないようにしましょう。最近のマンションは防音はしっかりしているけど携帯電話の電波が入らないということが多くなっています。
アパートでも立地条件によっては、届きにくい部屋があるのでしっかりと現地調査をするようにしてください。

 

一人暮らしの多くの方が現在は自宅電話を引くことなく携帯電話だけを使用している傾向にあります。
物件の状況や部屋自体の状況によって、全く電波が届かないこともあるのでお気をつけ下さい。

 

携帯電話の電波が届かないと急な連絡に対応出来ないということで引越しを、検討しなければいけない状況になりかねません。
物件探しをする時には必ず現地調査を行い、その時に実際に携帯電話を使用して電波の強さを確かめておくようにしましょう。"



■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例もブログ:20年05月27日

あたしの実家は、
祖母の代よりずっと女系家族であり、
婿養子という形で現在に至っている。

あたしも妹と二人姉妹であるため、
幼い頃から両親はもちろん、祖母からは特に、
婿養子をとり家を継ぐことを切望されていた。

それに対し、
幼いあたしは「うん」と無邪気に答え、
それを見て祖母は、
目を細めながらとても嬉しそうに笑っていた。

あたしは祖母の笑顔が大好きだった。

ところが、高校生になったあたりから、
いつしかそれは、
あたしの将来に、重く大きくのしかかる
暗い枷のように思われるようになった。

社会人となってからは、歳を重ねるごとに、
あたし自身がはっきりと答えを出さねばならない日も、
そう遠くはないと感じるようになっていた。

そんな毎日の中で、
あたしはある男性と出会い恋に落ち、
そして結婚することになった。

ただ、その人は長男であった。
愛する人と結婚できることはすごく幸せだったが、
同時に、家を継がなかったことで、
両親そして何より祖母の思いを裏切ったことに対して、
申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

あたしは結婚を報告するために
勇気を出し、祖母の部屋へと向かった。

ところが、
たわいのない話ばかりをしてしまい、
なかなか本題を切り出せずにいた。

そんなあたしを悟ったのか、祖母が私に、
「いよいよ結婚するのね」
と言った。

あたしは、こみ上げてくる涙を必死でこらえながら頷き、
「でも、家を継げなくなって…、本当にごめんなさい」
と言った。

それに対して祖母は、
「何を言うの。こんな嬉しいことはないよ。おめでとう」
と答えた。

あまりに意外な祖母の反応に驚くあたしを、
祖母は、満面の笑みで見つめていた。

その笑顔は、
幼い頃からあたしが大好きだったあの笑顔だった。