■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴


■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
"賃貸を探す時にコンビニや本屋で賃貸情報誌をまずチェックされる人も多いかと思います。
ここで気を付けなければいけないのが、そのような情報誌に掲載されている賃貸はすでに埋まってしまっている可能性が高いということです。フランチャイズ不動産屋では別の会社から紹介する物件の情報を入手しているので、良い条件のものはあまり回ってきません。
物件の情報伝達が遅いことから、すでに契約されてしまっている物件を紹介してしまうケースもあるワケです。

フランチャイズ不動産屋は大家さんと直接やり取りをしている物件はほとんどありません。
いわゆる流通物件と呼ばれている物件が多く、白黒で印刷されたフォーマットも定められていない書類を利用して物件探しをしていきます。

フランチャイズ不動産屋は大家さんを直接知らない事がほとんどとなっています。
「友人同士はNG」「子供はNG]などの条件を見落としてしまい、大家さんの審査で落とされてしまうケースが多くあるのでご注意ください。"



■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴ブログ:20年03月29日

「背中を洗ってくれないか」
と、父親に言われた。
この父親というのは、実は妻の父親である。

あたくしは一瞬戸惑ったが、
「え?!あっ!はいっ」
と言いながらタオルを構え、父親の背中にあてがった。

初めて父親の背中というものに触れた。
なんか丸っこくて大きくて、何だかゴツゴツしている。

上手に洗ってあげようと思えば思うほどうまくいかない。
タオルがねじれてしまう…

今度は父親があたくしの背中を洗ってくれるらしい。
あたくしは静かに父親に背を向ける。

父親は、なんていうか、力加減を知らない。
すごく力強くて、体についている必要なものまで
洗い流されてしまいそうな感じ。

思わずあたくしは、身をよじってしまった。
「すまん」父親は申し訳なさそうに、
「男の子の背中を洗うのは難しいな」と言った…

あたくしは物心のついたころから、
女手ひとつで育てられてきた。

我が家に父親がいないことを悲しがらなかったのは、
お母さんの育てかたが上手だったからだと思う。
溢れんばかりの愛を注いでくれたので、
あたくしはとても幸せだった。

とは言え
父親のことを思わなかった訳ではない。

ただ、そのときあたくしがイメージするものは
どれも好感の持てないものばかりだった。

無口!ガンコ!厳しい!
正直、「父親は怖い」という印象しかなかった。

そんなあたくしに父ができたのは、
あたくしが結婚をしたからだ。

妻の父親は、あたくしにとって不思議な存在だった。
格好なんてつけない。不器用だけどまっすぐ。褒められると照れ隠しする。
大きなお世話なことばかりする…

あたくしは、父親というものに対する印象が
まるっきり変わった。

■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴

■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴

★メニュー

■お役立ちメニュー:賃貸では敷金について理解しておく必要がある
■お役立ちメニュー:家賃の一ヶ月分が相場の礼金
■お役立ちメニュー:賃貸契約は一般的に二年間で更新
■お役立ちメニュー:安心感の強い大手不動産
■お役立ちメニュー:フランチャイズの不動産屋の特徴
■お役立ちメニュー:思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
■お役立ちメニュー:恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
■お役立ちメニュー:家賃の上限は決めていますか?
■お役立ちメニュー:現地まで出向いて方角チェック
■お役立ちメニュー:実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)グッドな賃貸ガイダンス